『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』から学ぶ♡つらい記憶を手放して自分らしく生きる3つの秘訣!

ひろみ
ひろみ

あなたは、ドラマの『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』は、ご覧になっていますか?

私は、ハマってしまいました ^^;

ドラマから、悩みの根本原因と解決のヒントがあったのでお伝えします。

 

つらい記憶を手放して自分らしく生きる3つの秘訣!

 

いつも同じ悩みがくる
悪いことばかり起きる

 

あなたは、そんなふうに
感じたことはありませんか?

 

それ、悪いことではなく、

 

そろそろ、あなたの人生を
うまくいかせていない
根本原因に向き合う時がきたよ!!

 

って、いうお知らせです(*^^*)

 

今日は、あなたの人生を止めている
根本原因について、わかりやすく
お伝えしていきます。

 

悩みが起きるホントの仕組み

 

あなたは、今まで
「もうあんな想いはしたくない」
「二度と思い出したくもない」
と、感じた出来事はありましたか?

 

その出来事で、感じた感情が基になり
あなたの行動を止めてしまうものが
悩みの根本原因、

 

つまり、メンタルブロックです。

 

例えば、自分の意見を言いたい
でも、言えない、だって、、、

 

この、だって、、、の後にくるもの。

 

言いたいことが言えない悩みが起きる
ホントの仕組みは、、、

 

1.言おうとしたとき、意見を言って傷ついた
  過去の記憶が蘇っている。
2.1の記憶の悲しみから自分を守るために
  言わないことを自分で決めた、

 

です。

 

それでは、
『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』
のドラマのシーンで説明していきます。

 

 

※ドラマのHPから
引用させていただきます。

 

原作者の方は、「弱視」のことを
知ってもらうため、個人でマンガの
連載を始めたそうです。

 

登場人物は、
白杖ガールの赤座ユキコと
ヤンキー君の黒川森生。

 

2人は、ようやく恋人同士になったものの、

 

「お母さんはどんな人なの?」
「小ちゃい頃、どんな子だったの?」

 

ユキコの質問から、
「話したくないことはあります。
もうやめません、この話」

 

と、気まずい雰囲気になり、
初めてケンカをしてしまいます(>_<)

 

ここで、森生にとって触れられたくない
過去の傷ついた出来事が蘇っています。

 

もう二度とあんな想いはしたくない。
森生は、無意識に自分を守っています。
(無意識なので、森生は気づいていません)

 

実は、森生には、
「イルミネーションを見に行こうね」
と約束していた母が、いなくなった
過去があります。

 

母が自分を捨てて出ていった
という過去を背負ってきた森生。

 

母がいなくなってからは
祖母に育てられた森生ですが、
その過去を、長い間1人で
握りしめて生きていました。

 

ドラマとはいえ、本当に
苦しかったことと思います。

 

自分と向き合う

 

ユキコにも会わず、部屋に閉じこもっていた
森生のもとに、元ヤンキーのライバルだった
現・職場の上司の金子獅子王が現れます。

 

 

「しっかりしろ!どんな過去だろうが
そこからは逃げられねぇぞ!
向き合うしかねぇんだよ!!」

 

と、叱咤激励される森生。

 

森生は、過去の恐怖から逃げずに
自分と向き合い始めます。

 

森生の押し入れから、母親の荷物が入った
段ボールが見つかり、今まで開けたことが
なかった荷物の
箱を開け始めます。

 

大切な人がいなくなる悲しみや恐怖。

 

自分の本当の気持ちに
どんどん気づいていく森生。

 

アルバムを見る限り、森生の母親は
間違いなく森生を愛していたはずです。

 

悩みの根本原因とは

 

過去のことでユキコと向き合えないのは
イヤだと思った森生は、意を決して
ユキコに会いにいきます。

 

「好きだって言われたとき
めちゃめちゃうれしくて…
けど、だんだん恐くなっちゃって、

 

大切だと思う気持ちが強くなると
いなくなられた時がきつい。

 

大切なものを失う恐怖。

 

実は、これが、メンタルブロック
つまり、悩みの根本原因です。

 

※コーチとしては、
本質のメンタルブロックを特定し、
それがどこで創られたのかを見極めて
メンタルブロックを消したいところです^^;

 

母との出来事から気づいたこと

 

森生は、ユキコに気持ちを伝え続けます。

 

「母親に捨てられた的な…
忘れようとしてたんですけど、
イルミネーションのポスターを見てたら
思い出しちゃって、

 

オレ、過去から逃げてたんです。」

 

過去のイヤな感情を
見ないようにすればするほど
同じ感情を感じる出来事、
つまり、悩みが繰り返されます。

 

でも、ポスターを見て
思い出したということは、
「もう、向き合う時がきたよ」
というサインでもあります。

 

ここでスルーすると、
同じ感情を感じる出来事が
繰り返されます。

 

「今まで開けたことがなかった
母親の荷物の箱を開けてみると、
オレの写真が何枚も何十枚も
入っていて、

 

オレずっと笑ってたんですよ。
何か救われたっていうか…」

 

母に捨てられたと思い込んでいた
出来事の扉を開けた森生。

 

笑っていた自分の写真を見て
色々な気づきと学びがあったはず。

 

・愛されていたかもしれない
・母にも何か事情があったのかも…

 

などなど…。

 

コーチとしては、
必ず確認したいところです。

 

出来事から学びきるということ

 

そして、森生は、母との出来事で
様々な気づきや学びを得ていきます。

 

今のままの思考パターンでいいの?
ズレてない?

 

そんな気づきもあったはず。
(私の勝手な憶測ですが…^^;)

 

笑っていた自分の写真を見た時に
もしかしたら、メンタルブロックが
消えたのかもしれません。

 

どうしてか?というと、
森生は、ユキコに会いに行くという
行動を取ったから。

 

すると、ユキコからこんな言葉が!!
何なら、ハグまでされて…(*^^*)

 

 

「私はいなくなったりしない。
見えるんだよ。この先もずっと
黒川(森生)と一緒に歩いている自分が…。」

 

ユキコに会いに行き、母との過去や
本当の気持ちを伝えた結果、森生は
この現実を自分で創ったわけです。

 

イヤだと思った出来事が起きたとき
その出来事から学びを得ない限り
一時的には問題が解決したとしても
根本解決は得られません。

 

そして、

 

何より、大事なのが行動。
つまり、学びを日常生活に活かすこと。

 

行動なくして、この現実は創れません。
気づいただけでは、
人生は変わらないんです。

 

もし、森生が、過去と向き合わず
「大切な人を失うのが恐い」
を、持ち続けていたら、、、

 

好きな人ができても、
失う恐怖から告白もできないし、
今後の人間関係も、希薄なものに
なっていたはず。

 

つまり、

 

今の延長上での未来しか描けません。

 

ユキコの質問に、

 

「何であんなこと聞くの?」
「信じられない( ゚Д゚)」
「普通、聞かないよね」

 

という思考パターンを持っていたら、
お別れしていたかもしれません。

 

でも、、、

 

どうしてイヤだったんだろう?
って、自分に向き合ったときから
人生が動き出した

 

ことが、もう、おわかりかと思います。

 

あなたは、様々な人間関係の中で、
思い出したくない出来事は
残っていませんか?

 

残っている場合、そこには
DNAに刻まれたメンタルブロック
が隠れているはずです。

 

そのメンタルブロックが
幸せな行動を阻む原因です。

 

だから、私の本セッションでは
新たに、メンタルブロックを消す
技術も提供しています。

 

出来事が起きたとき、感じた感情を
見ないように過ごしていると、
今後の人生に大きな影響を与えます。

 

感情と臓器はつながっているので
健康にも影響しかねません。

 

でも、ネガティブな感情や
メンタルブロックは
悪いものではありません。

 

私も、まだまだいっぱい出てきます^^;

 

メンタルブロックは、
あなたの眠っている可能性を引き出す
チャンスです!!

 

自分の魂を成長させ
自分らしく生きるために必要なもの。

 

だからこそ、自分と向き合うことが
とっても重要というわけです。

 

まとめ

 

つらい記憶を手放して
自分らしく生きる3つの秘訣
を、まとめます。

 

悩みが起きた時、
自分でできる悩みの解決方法は、

 

**************
1.自分と向き合う     
2.出来事から学びを得る   
3.その学びを1㎜の行動に移す
**************

 

人生を変えるには行動が不可欠です。
でも、大きな行動は必要ないんです。

 

必要なのは、1㎜の行動

つまり、

今の自分ができる行動・・・ですね。

 

まずは、自分がこれならできるかも…
から、始めてみる。

 

無理しない
楽しんでやる

 

このマインドセット大切です。

 

よかったら、このドラマ
ご覧になってくださいね~(^^♪

 

メンタルブロックは、
自分一人で特定したり
自分一人で消すことはできません。
※すでにその技術をお持ちの方は別です。

 

なので、本気で人生を変えたい方は
私に会いにきてくださいね(*^^*)

 

私は、今がどんな状態でも、
健康や幸せは自分で創ると決めた人を
応援しています(*^^*)

関連記事

  1. 女性の写真
  2. 女性たちの写真
PAGE TOP