変わりたいならダメな自分を愛してください!

ひろみ
ひろみ

今日は、「『こんな自分はだめだ』』は、本当にだめなこと?」のテーマでお話します。

「~ができない自分はだめだ」と責めてしまい、苦しいです」このように悩んでいる方は、多いはずです。

そこで、今日は、「自分はダメだ」から抜け出し、なりたい自分になるための方法をお伝えします。

ぜひ、この方法を活用し、なりたい自分になってください(^^♪

 

 

ダメな自分を愛すると、どうして人生が変わるのか?

 

私の体験のお話をしながら
結論から言わせていただきますね!


【ダメだ!と信じ込んでいる自分】
を、愛する。
すると、人生が変わる。


これが、私の結論です (^^;) 


では、詳しくみていきましょう!

 

「自分はだめだ」
と、信じ込んだ私が

上がり症を改善した体験談!
ダメな自分は悪いのか?



★テロップ付動画で
わかりやすく理解したい場合★

クリックして確認する!
https://youtu.be/SFukTPEJD78

ダメな自分を経験する本当の意味とは?


私は、心理技術やビジネスを
学び続けています。

身近にいる億を稼いでいる人たちも
みんなダメな自分を愛しています。

逆に言えば
ダメな自分を愛せたからこそ
億を稼げるようになったのです。

ダメな自分のことも
普通に話せますし
何ならネタにしています (^^)

その経験があるからこそ
人の気持ちに寄り添えるんですね。

人は、自分を否定するところから
自分の人格を創り始めます。

では、何のために
わざわざそんな経験をするの?
と、いう話です。

実は、そこに
重要な【生きる目的】
があったりします!

その経験をする理由が
見えてくるのです。

ダメだと思ってつらい気持ち。
それを知っているから
人に優しくなれる。

場合によっては、
人を癒したいという
【生きる目的】
に、なることもあります。


でも、その【生きる目的】
に、気づかないまま
自分はダメだと信じ込んで
苦しみ続けている人が
ほとんどです。


ダメな自分認めてあげる。
認めてあげないと
人生はうまくいきません。


“変わりたいのに、変われない!
そんな自分はだめだと責めて苦しいです”


そんなお悩みのご相談も多いです。

・こんなこともできない!
・あんなこともできない!
・決めたことができない!

・そんな自分はだめだ!


さらには、


・ダメだと思う自分が!だめだーーー!!


もう【だめ】のオンパレードです。


これ、誰かにそっくり!
そう、以前の私です (^^;


この中で
グルグル苦しんでいるだけでした。


事例編:


私の体験談をお話しますと

看護師時代は、トップクラスの
「自分はダメだ!」
の、人だったと思います (^^;)


今でこそ
セミナーをしている私ですが


実は、人前で発表するのが
大の苦手でした。
苦手と言うより【恐怖】だった!


発表すると
心臓はバクバク・声は震える。


そんな自分を見るのもイヤ!
人に見られるのはもっとイヤ!
いわゆる、上がり症ですね。

看護師のお仕事は
患者さんのケアの他に
看護研究やスタッフへの教育が
あるんです。


研究が終わったら
発表しなければいけないし
講義をしなければいけない。


~しなければいけない
=やりたくないこと



はい!
発表も講義も
やりたくありませんでした (^^;)


それほど、人前で話すことが
恐怖でした ^_^;


でも、不思議なことに
「いつも堂々として発表していますね」
と、言われたことも多かったんです。


だから、余計に、上がり症と
言えませんでした。


『上がり症=ダメな自分』


この構図が
私の中にあったのでしょう。


ダメな自分を見せるなんて
許せなかった (>_<)

「私は、上がり症でダメな人間」
それを、隠して生きていたからです。


これが、実は
本当の自分】です。

上がり症だとバレたら笑われる
と信じ込み、大丈夫なフリをして
生きていました。


ダメな自分を愛すると、どうなるのか?


では、
それから、私が何をしたのか?

上がり症の自分を
【ただ、ただ!認めました】

すると
下記のことがなくなりました (^^)


・上がり症を問題と思う。
・ダメな自分という信じ込み。
・うまく話さなければいけない。


次は、こうなりました (^^)
 

・上がり症だと言えるようになった。
・どうしたら相手に伝わるかな
 と、考えるようになった。
・伝えられた自分を
 ほめられるようになった。


その結果、私に何が起こったか?

上司から、セミナー講師を
依頼されました。

セミナーは、外部からお客様を
招くものでした。


今までの私なら断っていましたが
「やります」と即答していました(^^) 


できる・できないなんて
関係ありませんでした。


「伝えたい!」
の気持ちの方が、強かったのです。


セミナー中は
心地いい緊張感に包まれていました。


何と、資料も見なかった!


セミナーが終わると
上司やお客様から「とても良かったよ」
と、お言葉をいただきました。

私が一番うれしかったのは
【伝えたいことを伝えられる自分】
になれたことでした (^^)


ダメな自分を愛する方法


あの頃・・・


「恐いね、恐いんだね」
と、ただ感じるだけで良かった。


恐いと思う自分を隠さず
「いいよ、いいよ~」
と、受け止めるだけで
良かった (^^)


恐いと思う自分を隠して
無理してがんばらなくても
「そう思っていいんだよ」
と、ただそれだけでいい。


そんな自分にОKを出す!


恐いと思う自分も
全部大切な自分です。

 

まとめ

 

同じような環境に置かれても
ストレスと感じる人もいれば
感じない人もいます。


多くの患者さんのケアや
自分や家族の病気を
経験してきて思うことは


やはり


「ダメな自分を認められる人は
    人生が変わる!」


と、いうことです。

だから私は


「ポジティブもネガティブも
 全部OKですよ!」


と、クライアントさんに
伝えています。


「ダメな自分も含めて
すべて大切な自分」
ということを、忘れないで
欲しいですね (^^♪


今は、
自分はダメだと信じ込んで
苦しい状況だったとしても


「貴方は、絶対に・幸せに
 豊かに自立できる!」


「貴方は、自分の力で
 人生を創ることができる!」


そういうあなたの【土台】
を、作っていくのが
私の仕事です。


たとえ、「私なんかだめです」
と、あなたが言ったとしても


私は、あなたを
自分の人生を自分で創る人だと決めて
サポートしています。↑ここ重要!】


そして、もう一つ!
「この方は、世の中をどんなふうに
変えていく方なのか?」
という視点でもサポートしています(^^)
↑ここ、さらに重要!】

今のあなたを
ただ、ただ!認めてください (^^♪


ぜひ、やってみてくださいね (^^)


やり方がわからない時は
遠慮なくご連絡してくださいね。


感想やコメントも頂けると
ありがたいです^^


私は、病気があっても悩みがあっても
自分の人生を生きる!
と、決めた方を応援しています。


本当の自分に戻って
あなたが生きたい人生を生き抜くために。


関連記事

  1. 女性の写真
PAGE TOP